鼻づまり 病気

鼻づまりに関係のある病気

鼻づまりってただ鼻水が鼻の穴をふさぐだけだと思っていませんか?実は鼻づまりには色々な病気が隠されているんです。鼻の病気と言ってもあまりピンとはこないかもしれませんが、結構身近な病気が鼻づまりのせいで起こっていたりもするんです。

 

味覚障害や聴覚障害は鼻づまりが原因で起こることも珍しくありません。風邪を引いたり花粉症になると味がわからなくなりますよね。あれが続くと鼻づまりに関係なく味がわからなくなってしまうこともあるんです。

 

また、鼻がつまるストレスで睡眠不足になったり、ノイローゼになる人も少なくありません。そういう時は我慢せずに医師に相談するようにしましょう。鼻づまりは集中力を低下させるため、乗り物の運転はとても危険です。また、勉強に集中したくても鼻がつまるせいでなかなか勉強に集中できないこともありますから、鼻づまりは早めに治しておいたほうが日々の生活が楽しくなります。

鼻づまり 病気記事一覧

鼻づまり 味覚障害

風邪を引いたり花粉症になったとき、何を食べても無味無臭という経験をしたことはありませんか?おそらくですが、風邪を引いたことがある人ならほぼ100%体験したことがあると思います。味覚障害とはまさにこのような状態のことで、何を食べても味がしない、もしくは濃い味にしても薄く感じてしまうんです。まず、なぜ鼻...

≫続きを読む

 

肥厚性鼻炎

肥厚性鼻炎とは、鼻炎が慢性化し鼻粘膜の腫れが収まらなくなった状態のことを指します。肥厚性という言葉から分かる通り、鼻の中の皮が暑くなったような感じで、鼻の穴が狭くなったり、酷くなるとほとんど塞がった状態になります。肥厚性鼻炎の原因は、急性鼻炎を何度も繰り返すことによって自律神経が狂い、常に粘膜が腫れ...

≫続きを読む

 

鼻づまり 死亡

おとなになっても鼻づまりで窒息してしまうのではないかと怖くなる時がありますよね。特に慢性的な鼻炎で口呼吸をしている人なら尚更怖いですよね。でも安心して下さい。鼻づまりで窒息死することはほとんどありません。というのも、人間は口で呼吸できるからです。動物の中でも口で呼吸するのは人間ぐらいらしいです。口で...

≫続きを読む

 

鼻づまり いびき

いびきの原因は肥満と思っている人が多いですが、肥満以外にも鼻づまりなどの鼻の異常によって引き起こされていることがあります。まず、肥満体質によるいびきの原因ですが、これはみなさんが知っている通り、仰向けで寝ると脂肪で気道が狭まり、呼吸しづらくなります。しかし我々人間も呼吸しなければ死んでしまうので、無...

≫続きを読む

 

鼻中隔湾曲症

鼻中隔湾曲症とは、鼻の穴を分けている仕切りが曲がっている状態のことで、鼻づまりやいびきの原因になります。鼻中隔湾曲症になってもほとんどの場合は心配いりません。日本人の小学生は約70%、大人だと90%もの人は鼻中隔が曲がっているので、曲がっている状態が普通なんですね。鼻中隔の湾曲は成長とともに起こりま...

≫続きを読む

 

鼻中隔湾曲症 再発

鼻中隔湾曲症の手術をして治しても、数年後に再発することがあります。鼻中隔湾曲症の手術は曲がってしまった骨を削るというもので、そう難しい手術ではありません。しかし、再発が起こりやすい病気でもあります。再発が起こるのはまず軟骨の再生です。削った部分の軟骨が再生していき、同じように鼻を詰まらせてしまうこと...

≫続きを読む

 

鼻づまり 手術

あまりにも辛い鼻づまりの場合、手術で治すケースもあります。薬の治療が難しい場合や、自然治癒が見られない場合に外科手術を行います。一口に鼻づまりの手術とはいっても、何が原因で起きているのかによって手術の内容も変わります。まず、鼻中隔湾曲症の手術です。これは鼻を左右に分ける鼻中隔という骨が頭蓋骨の重さに...

≫続きを読む

 

鼻づまり 副鼻腔炎

蓄膿症の症状は一般的な鼻炎と変わらないような鼻水・鼻づまり・頭痛が見られますが、それ以外にも鼻水が喉に入ったり、鼻の中から悪臭や口臭があります。また、目の下の骨が痛くなったり下を向くと痛みが出るなどもあります。また、鼻水の質も変化します。通常の鼻炎なら白っぽいものや透明のものが多く、風邪の治りかけの...

≫続きを読む

 

鼻づまり 慢性

生きていれば何かしらが原因で鼻づまりを起こることはあります。風邪を引けば鼻水が出て鼻呼吸ができなったり、花粉やハウスダストで鼻づまりが起こってしまいます。鼻づまりは体に菌を入れないための防衛本能なので、どんなに健康な人でも起こる症状です。しかし、そんな鼻づまりが慢性化することもあります。風邪や花粉症...

≫続きを読む

 

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎は花粉やハウスダストなどのアレルギー物質に反応して鼻水や鼻づまりが出てしまう病気です。アレルギー性鼻炎は2つに分けることができ、通年性と季節性があります。季節性は主に花粉症で、それ以外は通年性となります。季節性のアレルギー性鼻炎は、花粉の季節になるとくしゃみや鼻水、鼻づまりといった症...

≫続きを読む

 

鼻づまり 骨

鼻づまりは粘膜が腫れるだけでなく、鼻中隔という骨が曲がって起こる場合もあります。この症状を鼻中隔湾曲症といい、酷くなると手術が必要になります。骨を削ったり摘出して曲がっている箇所を矯正していくんですね。全身麻酔をするので痛みはありませんが、鼻にガーゼを詰めるので数日間は痛みがあります。日帰りで手術を...

≫続きを読む

 

鼻づまり 病名

鼻づまりそのものは色々な病気が原因となっていることが多く、それ自体を病名で呼ぶことはありません。鼻づまりは症状の一つでしかなく、原因は様々です。鼻づまりが現れる病気は色々あり、肩こりや目の疲れが原因となって起こることも珍しくなく、病気でなくても鼻づまりが起こることがあります。病気が原因の鼻づまりは、...

≫続きを読む

 

鼻づまり 病院

鼻づまりで病院に行く場合、他に気になることや症状はないか確認しておきましょう。ただ鼻づまりがあるだけだとまともにとりあえってくれない場合もあるようで、自分に合っていない薬を処方されてしまうこともあります。一時的な鼻づまりを解消するだけなら病院に行かずとも市販の点鼻薬で済ませてしまうという手もあります...

≫続きを読む

 

鼻づまり レーザー治療

鼻づまりを手軽に解消する方法としてレーザー治療がありますね。レーザー治療は花粉症にも効果があるので、花粉の時期だけレーザーで焼いてもらうという人も多いです。手術の内容も手軽で、注射なども行わないので痛みもほとんどありません。レーザー治療の前に麻酔薬を染み込ませたガーゼを鼻の中に入れ数分放置します。ガ...

≫続きを読む

 

鼻づまり 自律神経

鼻づまりの原因である粘膜の腫れは、アレルギーに反応したり、薬の副作用によるものが大きいですが、その根源となっているのは自律神経です。自律神経は交感神経と副交感神経の2つがありますが、どちらも正反対の動きをします。例えば、ストレスで体が緊張したり、リラックスできないのは交感神経が活発になっているからで...

≫続きを読む

 

口呼吸 顎関節症

顎関節症は鼻づまりによって起こることもあれば、鼻づまりの原因になることもあります。鼻が詰まって口呼吸になると口周りの筋肉が発達しません。すると、顎の骨を固定する力がないので正しい方向に顎が形成されず、顎関節症になってしまうんです。ですから、これを予防するには顎が成長するまでの間に鼻呼吸にしなければな...

≫続きを読む