鼻づまり 病気

スポンサードリンク

鼻づまりで味覚障害になる

風邪を引いたり花粉症になったとき、何を食べても無味無臭という経験をしたことはありませんか?おそらくですが、風邪を引いたことがある人ならほぼ100%体験したことがあると思います。味覚障害とはまさにこのような状態のことで、何を食べても味がしない、もしくは濃い味にしても薄く感じてしまうんです。

 

まず、なぜ鼻がつまると味が分からなくなるかについてですが、嗅覚が大きく関わっています。食事をする際、味を感じるのは舌ですが、料理の香りからも味を判断しています。最終的にどんな味か?を決めるのは脳ですから、嗅覚や味覚だけでなく、視覚などどれか一つが失われるだけで味を感じるのが難しくなります。

 

その中でも特に重要なのが嗅覚です。食べ物を口に入れた瞬間の臭いは味を決める上でとても重要な役割をしています。鼻がつまるとその嗅覚が麻痺してしまい、香りとともに味が全くわからなくなってしまうんです。

 

子供の頃、不味いものや嫌いなものを食べる時、鼻を摘んで食べれば大丈夫という話を聞いたことはありませんか?この「鼻を摘んで食べる」という行為はまさに鼻づまりで味が感じられなくなるのと同じなんですね。

 

鼻がつまって味がわからない時は、少しの間でもいいので鼻で呼吸できるぐらいに鼻づまりを治してみてください。すぐに味がわかるようになります。

鼻づまりで味がしないのは口の中の病気が原因?

上記のように臭いが分からないから味覚も分からなくなってしまった場合は、鼻づまりの原因になっている病気を治せば味覚障害も治っていきます。しかし、中には鼻づまりだけが原因ではないものもあります。

 

鼻がつまったら鼻で呼吸ができないので、口呼吸になりますよね。この口呼吸が味覚障害を招くのです。口呼吸で口内の唾液の量が減り、乾燥すると味覚を感じるセンサー(味蕾という細胞)が鈍ってしまい、味が分からなくなってしまうんです。

 

さらにひどくなるとドライマウスという別の病気になります。ドライマウスは唾液の分泌量が慢性的に減る病気で、その中の症状の一つに味覚障害があります。

 

鼻づまりで味がしないのを治す方法は一つしかありません。どんな方法でもいいので、鼻づまりを治すことです。味覚障害が慢性化すると治療しても治らないことがありますから、たかが鼻づまりだと思って放っておくのではなく、すぐに治すようにして下さい。

スポンサードリンク