鼻づまり 慢性

スポンサードリンク

鼻づまりの慢性化について

生きていれば何かしらが原因で鼻づまりを起こることはあります。風邪を引けば鼻水が出て鼻呼吸ができなったり、花粉やハウスダストで鼻づまりが起こってしまいます。鼻づまりは体に菌を入れないための防衛本能なので、どんなに健康な人でも起こる症状です。

 

しかし、そんな鼻づまりが慢性化することもあります。風邪や花粉症により粘膜の腫れを繰り返すことで自律神経が乱れ、常に赤く腫れ上がった状態になってしまうんです。これは薬を服用すればすぐによくなります。

 

鼻づまりの慢性化の原因はこれだけではありません。点鼻薬の使いすぎでも起こります。市販の点鼻薬に含まれる血管収縮剤の副作用で粘膜が腫れ、慢性鼻炎になってしまうのです。

 

これらをまとめて慢性鼻炎といいますが、主に慢性鼻炎には2種類あり、単純性鼻炎と肥厚性鼻炎があります。単純性鼻炎は点鼻薬を使うことで解消できますが、肥厚性鼻炎は点鼻薬を使っても鼻の通りが良くなりません。これがチェック方法になります。

 

単純性鼻炎は薬の服用で治すことができます。市販薬を使い続けたり、血管収縮剤が含まれる点鼻薬を長期にわたって使用し続けると肥厚性鼻炎になり、薬で治すのが非常に難しくなります。

 

肥厚性鼻炎はその名の通り粘膜が常に肥厚してしまう鼻炎です。点鼻薬を使っても良くならないので解消する術がありません。治すには外科手術が必要になります。鼻中隔湾曲症によって広くなった鼻腔が肥厚することで引き起こる肥厚性鼻炎も慢性鼻炎の一種で、こちらも手術が必要です。

 

鼻づまりは慢性化してしまっても薬だけで治すことができます。市販薬は一時的に鼻づまりを解消するものであり、使えば治るものではありません。ですから、鼻づまりが長引くようなら素直に耳鼻科を受診し、鼻づまりを治すお薬を貰うようにしましょう。

スポンサードリンク