アレルギー性鼻炎

スポンサードリンク

アレルギー性鼻炎の症状

アレルギー性鼻炎は花粉やハウスダストなどのアレルギー物質に反応して鼻水や鼻づまりが出てしまう病気です。アレルギー性鼻炎は2つに分けることができ、通年性と季節性があります。季節性は主に花粉症で、それ以外は通年性となります。

 

季節性のアレルギー性鼻炎は、花粉の季節になるとくしゃみや鼻水、鼻づまりといった症状を起こします。人によって症状を起こす花粉が分かれており、スギ花粉に弱い人、ブタクサに弱い人、ヒノキに弱い人というように分かれています。場合によっては2つ以上、もしくは全ての花粉に弱い人もいるので、一度調べてみるといいかもしれません。

 

それぞれ季節によって現れる花粉の種類が違うので、自分がどの磁気に弱いかを調べておくと対策もしやすいです。特に多いのが春のスギやヒノキですが、実は1年中花粉は飛んでいます。そのため、1年中花粉症を起こしている人も少なくありません。

 

通年性のアレルギー性鼻炎だと思い、ダニやホコリに気をつけていても鼻水が止まらない、鼻づまりが良くならないという人は、1度耳鼻科で検査したほうがいいかもしれません。もしかしたら花粉症が原因かもしれませんよ。

 

通年性のアレルギー性鼻炎の症状も花粉症と同じですが、目の痒みやくしゃみは季節性に比べると比較的弱いですが、悪化するとアトピーや喘息になることもあります。また、冬場に症状が強くなりやすいのが特徴です。冬って寒いので夏に比べると窓を開ける機会って少ないですよね。そのため、冬になるとダニやホコリが部屋に充満しやすく、症状が悪化しやすいんです。

アレルギー性鼻炎の原因

アレルギー性鼻炎の原因は花粉やハウスダストなどのアレルギー物質を吸い込むことで発症します。アレルギー性鼻炎は体質の一種なので、治すというよりも症状を軽くするというのが正しいです。完治するのは難しく、薬を使って症状を和らげたり、アレルギーを出来るだけ吸い込まないように日々対策していくことが重要です。

 

アレルギー性鼻炎は親から遺伝することも多く、子供の頃から症状が出るのが一般的です。ですが100%遺伝するわけではないので、発症したかどうかをしっかりチェックしておく必要があります。

スポンサードリンク