鼻づまり いびき

スポンサードリンク

鼻づまりといびきの関係

いびきの原因は肥満と思っている人が多いですが、肥満以外にも鼻づまりなどの鼻の異常によって引き起こされていることがあります。

 

まず、肥満体質によるいびきの原因ですが、これはみなさんが知っている通り、仰向けで寝ると脂肪で気道が狭まり、呼吸しづらくなります。しかし我々人間も呼吸しなければ死んでしまうので、無理やり空気を体内に入れようとしますよね。その時に気道を塞いでいる脂肪を無理やり空気で押しのけるため、音がなるんです。これがいびきです。粘膜が振動している音があそこまで大きくなるんですね。

 

また、鼻づまりによるいびきも同じで、鼻腔が粘膜によって塞がれてしまい、そこを通ろうとする空気によって粘膜が振動し、いびきになります。

子供のいびき

子供のいびきのメカニズムも大人と対して変わらないのですが、子供の場合は発育に影響が出てしまうのでいびきの症状があれば治療しましょう。いびきは深い睡眠を阻害しするため、成長ホルモンが分泌されず、体が大きくならなかったり、顎の発達が正しく行われないことがあります。

 

また、いびきが続くと発達が遅れることもあります。鼻づまりが続くと注意力の散漫や怒りっぽい性格、すぐ息切れするなどの症状が現れることも珍しくありません。

 

習慣的にいびきが見られる場合は、耳鼻科で治療を受けるようにしてください。一時的ないびきであればそれほど心配ありませんが、長期的に続くようなら慢性鼻炎なども疑われますし、鼻炎を放っておくと蓄膿症や中耳炎の危険性もあります。

 

また、いびきをかくということは口呼吸をしているということです。口呼吸は免疫力を下げるだけでなく、味覚障害などの重い病気になる可能性も潜んでいますから、必ず治すようにしましょう。

スポンサードリンク