鼻づまり 病院

スポンサードリンク

鼻づまりで病院に行く

鼻づまりで病院に行く場合、他に気になることや症状はないか確認しておきましょう。ただ鼻づまりがあるだけだとまともにとりあえってくれない場合もあるようで、自分に合っていない薬を処方されてしまうこともあります。

 

一時的な鼻づまりを解消するだけなら病院に行かずとも市販の点鼻薬で済ませてしまうという手もあります。点鼻薬は効き目が強く、すぐに鼻づまりを解消できるので、その日1日だけ使うという使い方ができるならおすすめです。

 

鼻づまりにも原因が色々あり、普段から鼻がつまるなら点鼻薬はオススメできません。癖になってしまうと点鼻薬中毒になってしまうので、こういう場合は耳鼻科を受診するようにしましょう。おそらくアレルギー性鼻炎だと思いますが、稀に副鼻腔炎など重い病気にかかっていることもあるので、鼻づまりを感じたらすぐに病院に行ってしまっても構いません。

 

中には「ただの鼻づまりで病院に行ってもいいの?」と心配に思う人もいますが、全く問題ありません。鼻がつまるのは様々な病気のサインですから、呼吸ができなくなったり苦しいと感じたり、いつもとは違う違和感を感じたらすぐにお医者さんに診てもらって下さい。

病院でもらった薬が効かない

耳鼻科で処方してもらった薬を飲んでも鼻づまりが解消しない場合がありますが、短期間なら問題ありません。血管収縮剤などのすぐに効果が出る成分が含まれていないので、飲み続けることで徐々に効果が現れます。

 

もし、処方された量の薬を飲んでも症状が軽くならない場合は別の病気が原因担っている可能性がありますから、もう一度耳鼻科を受診してみましょう。

 

そもそもアレルギー性鼻炎は薬を飲み続けていくことで症状が軽くなるのですが、完治はしません。アレルギーは体質のようなもので、ハウスダストや花粉を吸い込むだけで症状が出てしまうので治すことができないんですね。ですから、アレルギー性鼻炎の人は花粉の時期や鼻づまりになりやすい時期は必ず薬を服用するようにします。

 

アレルギー用の薬にもいろいろな種類があり、効き目の強さや人によって合う合わないがあるので、色々試してみる必要があります。

スポンサードリンク