鼻づまり レーザー治療

スポンサードリンク

鼻づまりのレーザー治療について

鼻づまりを手軽に解消する方法としてレーザー治療がありますね。レーザー治療は花粉症にも効果があるので、花粉の時期だけレーザーで焼いてもらうという人も多いです。手術の内容も手軽で、注射なども行わないので痛みもほとんどありません。

 

レーザー治療の前に麻酔薬を染み込ませたガーゼを鼻の中に入れ数分放置します。ガーゼはかなり奥まで突っ込まれるのでここで痛みがあるかもしれません。人によってはおえっと気持ち悪くなってしまう場合もありますが、麻酔が効いてくると間隔がなくなるのでそれまでの辛抱です。

 

麻酔が効いたら治療開始です。棒のようなものを鼻に入れ、レーザーで焼いていきます。鼻の中を焼くので、焦げたような臭いがしますがほとんど気になりません。手術時間も短く、数十分で終わってしまいます。

 

入院も必要ありません。日帰りでできますし、車の運転やお風呂もOKなので普通に過ごすことができます。術後2〜3日はレーザーで焼いた部分がかさぶたになるので普段より鼻づまりが酷くなりますが、かさぶたが剥がれると鼻づまりが解消されます。

 

レーザー手術の効き目は人によって大きな差があり、1年も経たずに効果が切れてしまう人もいれば、5年以上鼻づまりが起こらない人もいます。また、最初は1年で効果が切れてしまったけど、2年目に手術を受けたらその後何年も効果が持続するという人もいます。

 

このように、どのぐらいの効果を感じられるかは人によって違いますし、同じ人でも受けるタイミングによっては何年も効果が持続することもあるようです。保険が適用されるので値段は5000円ちょっとで済みます。辛い鼻づまりから逃れられるのでレーザー治療はとてもおすすめですよ。

 

レーザー治療の効果は人によってもそうなのですが医師の技術力でも大きく変わるようです。もしやってみて効果がなければ、次の年に別の病院で受けてみるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク