点鼻薬 使い方

スポンサードリンク

点鼻薬の使い方について

花粉症で鼻づまりが凄いので点鼻薬を買ったのですが、中毒になるという記事を読んで怖くなってきました。私のように一時的に鼻づまりを解消したい場合の点鼻薬の使い方と、中毒にならない点鼻薬の使い方を教えて下さい。用法用量通りでは使いすぎに当たるというのをどこかで読んだのですが、どれぐらいの頻度で使っていくのがいいのでしょうか?

 

点鼻薬は賢く使えばとても便利なものです。仕事や学校など、特に集中したい時や鼻がつまると困る場面で使えばすぐに鼻づまりが治るので有効に活用してほしいと思います。中毒が怖いということですが、そこまで理解されているなら大丈夫だと思います。中毒にならないためにはとにかく使い過ぎないことと、長い期間使わないことが重要です。

 

ナザールスプレーを例に出しますが、ナザールスプレーの用法・用量は1回に1〜2度噴射、1日に6回までの使用を推奨していますが、これだと多すぎます。点鼻薬中毒になっていた私でも1日に6回は使っていませんでしたので、6回も使うとリバウンドが強く中毒になってしまうと思います。ですので、質問者さんのように一時的に使う場合はどうしても鼻づまりを治したいときに1回〜2回使うだけにしたほうがいいと思います。

 

また、鼻づまりが1週間〜2週間ぐらい続く場合、それ以上の点鼻薬使用は危ないので、耳鼻科で専用の薬をもらったほうがいいでしょう。点鼻薬は正常時よりも鼻の通りが良くなることもありますから、点鼻薬を使った状態が普通になってしまうのがとても危険です。長期の使用は避け、血管収縮剤が含まれていない点鼻薬に切り替えるのがいいと思います。

 

また、花粉症の点鼻薬なら血管収縮剤が含まれていないものもあります。その分眠気などの副作用が入るので使いどころは難しいですが、睡眠時の鼻づまりなどに使うといいかもしれません。

 

中毒にならないための使い方は、1日に2回までと決めたら絶対にそれ以上使わないことです。点鼻薬は外出先専用にして、自宅では鼻うがいや蒸しタオルで鼻づまりを解消するのがいいと思います。また、1度の噴射で効果が無いと感じても時間が経てばじわじわ効いてくるので、噴射の回数は1回〜2回で十分です。噴射し過ぎると鼻が痺れたり鼻血が出たりするので注意して下さい。

スポンサードリンク