鼻水 病院 目安

スポンサードリンク

病院に行く目安はどれぐらい?

赤ちゃんや子供に鼻水の症状が見られたらどれぐらいを目安に病院に行けばいいのでしょうか?熱があったり咳をしていれば風邪やインフルエンザの可能性もあるのですぐに診察してもらうのですが、鼻水だけ出ているような状態だと放っておいてもいいのか、病院に連れて行けばいいかが分かりません。大体、どれぐらいの症状があったら病院に行くべきですか?

 

症状が鼻水や鼻づまりだと病院に連れて行くべきか迷いますよね。受診の目安は、どれぐらいの期間症状が続いているか、他に症状が現れるかなどを見るといいと思います。例えば、最初は鼻水だけだったのに咳が出たり、痰を吐くようになったら病院に行くべきですね。咳や痰は熱に繋がっていくので、本格的な風邪の症状が出る前に薬を飲んでおけばすぐに治ってしまいます。

 

たかが風邪だからといって市販の薬で済ませると微熱が続いたり咳だけ続いて慢性的な病気にかかる恐れもあります。私の話になってしまいますが、軽い風邪だからと言って甘く考えて放置していたら咳だけ続いてしまい、喘息になってしまいました。子供は免疫力が高くないので、大人なら放っておいても大丈夫な症状でも子供にとってはズルズルと引きずってしまうこともありますから、できれば病院に連れて行ったほうがいいと思いますね。

 

また、鼻づまりや鼻水が長期間続く場合も一度耳鼻科で診てもらったほうがいいかもしれません。風邪から副鼻腔炎を発症していることが考えられますし、花粉やハウスダストが原因なら早めに予防しないとアトピーや通年性のアレルギー性鼻炎になってしまうおそれがあるからです。

 

小さいお子さんの場合、鼻水や鼻づまりが続くだけで中耳炎や扁桃炎など別の病気を発症しやすいので、たかが鼻水たかが鼻づまりと思わずに、耳鼻科に連れて行く方がいいと思います。

 

鼻づまりで口呼吸をするようになるとさらにひどいアレルギー症状になるだけでなく、顎関節症や舌癖、歯列悪化やアデノイド顔貌など大人になってから困る病気に繋がっていくので早めに対処してあげて下さい。

スポンサードリンク