鼻づまり アルコール

スポンサードリンク

お酒を飲むと鼻づまりが悪化する

普段から鼻づまりがきになる人はお酒を飲むとさらに鼻がつまってしまうということがあります。普段あまり鼻がつまらない人や、花粉症にならない人なら全く変化しませんが、アレルギー性鼻炎を持っていて鼻づまりが起きやすい人ほどアルコールの接種で鼻づまりが起きやすくなります。

 

アルコールをたくさん摂取する場といえば飲み会ですが、こういった時ほど鼻づまりは酷くなりやすいです。なぜ鼻づまりが起きてしまうかというと、自律神経のバランスで副交感神経が優位になるからです。

 

アルコールの持つリラックス効果や血行促進効果、ビールなどの冷たいアルコールは副交感神経に傾く働きがあるのですが、副交感神経が優位になると血管が拡張されてしまいます。鼻づまりの原因は鼻粘膜の腫れですが、風邪や花粉症といった鼻づまりと同じようにアルコールでも血流が良くなってしまい、血管が拡張され、鼻づまりになってしまうんです。

 

元々鼻づまりがない人なら多少血管が拡張されて粘膜が腫れても呼吸に影響がありませんが、アレルギー性鼻炎を持っていて日頃から鼻が詰まりやすい人は呼吸が苦しくなるほどの鼻づまりを感じます。

 

また、アレルギー性鼻炎の薬を服用している人は飲酒を控えたほうがいいでしょう。鼻炎の薬とアルコールは相性が悪く、アレルギー性鼻炎の薬に含まれる抗ヒスタミンという成分がアルコールに似た働きをするため、薬を服用している時にアルコールを摂取すると、薬の効果を増幅させてしまうんです。

 

薬の効果が増えるということは、それだけ副作用も強くなってしまうということです。頭痛や吐き気が出たり、体がだるくなったりします。それだけでなく、アルコールは血管を広げる効果があるのですが、鼻炎薬は血管を収縮させて鼻づまりを抑えようとするため、お互いの働きが相殺されてしまい、薬の効果が出なくなってしまうんです。

 

つまり、アルコールと鼻炎薬を同時に服用すると副作用が強く出るだけでなく、薬の効果がなくなるということです。ですから、アレルギー用の薬を飲んでいるときはアルコールの摂取は控えるか、薬を飲んでから6時間ぐらい開けるようにしましょう。

スポンサードリンク