鼻 粘膜 腫れ

スポンサードリンク

鼻粘膜の腫れはなぜ起こる?

鼻づまりの原因は鼻粘膜の腫れによるものが大多数です。風邪を引いたり花粉症を発症したら鼻が通らなくなりますが、実はこれは鼻粘膜が腫れているんですね。鼻水や鼻くそが詰まってるからじゃないの?と思うかもしれませんが、実はゴミが詰まって呼吸ができないケースは非常に少ないんですね。

 

鼻粘膜が貼れる原因は、細菌や有害な物質などが体に入り込まないようにするためです。花粉や風邪の菌を体内に取り込まないようにするために鼻の粘膜が腫れ、鼻水がいっぱい出るんですね。つまり、鼻粘膜が体を防御してくれているのです。

 

粘膜が腫れて大きくなるとそれだけ粘膜の面積が増えるので、ホコリ等もたくさん吸着できます。細菌なども全て粘膜で吸収されるため、体の中に細菌が入らないんです。

 

腫れと聞くと、逆にウイルスにやられてしまっているような感じがするかもしれませんが、全く逆で、しっかり戦っている証拠なんですね。もし粘膜が腫れず、鼻水も出なかったら風邪の菌や汚れなどが体の中にどんどん取り込まれていき、知らないうちに重大な病気になったりします。

 

しかし、だからといっていつまでも粘膜が腫れていても平気かというとそうではありません。いつまでも鼻水が長引くと蓄膿症になってしまいますし、鼻炎が慢性化すると肥厚性鼻炎など手術が必要な鼻炎に変化する場合もありますから、できるだけ早く治すのが望ましいです。

炎症が起きて痛い場合の対処法

炎症が起きたために鼻水がたくさんでるようになりますが、鼻をかみすぎると鼻の中切れてしまい、出血やかさぶたができます。このかさぶたは人によってはとても気になることがありますが、いじると再出血や痛み、粘膜の腫れなどが起こるようになるので触らないようにしましょう。

 

痛みも粘膜が傷ついていることが考えられます。強く鼻をかむと痛みが長引いてしまうので、できるだけ刺激しないようにしましょう。

 

鼻の入口付近が痛い時は、傷を保護できるクリームなどを塗るといいでしょう。

スポンサードリンク