鼻づまり 声枯れ

スポンサードリンク

鼻づまりと声枯れについて

鼻が詰まって口呼吸になると声が枯れてしまいます。口呼吸は細菌やホコリ、ダニといったハウスダストや花粉、冷たい空気などをダイレクトに吸い込んでしまうため、喉に影響が出やすいです。

 

特に冬場の乾燥した時期は最悪で、1日で声が枯れてしまうこともあります。口呼吸は百害あって一利なしと言われるほどよくない呼吸法で、喉の病気を引き起こす原因になります。口呼吸が癖になっていることを自覚していて、朝起きるといつものどが痛い、口の中が乾いているという人は特に注意しましょう。

 

口呼吸が原因で声が枯れてしまった場合、鼻で呼吸するようになれば声も元に戻ります。口呼吸を鼻呼吸に戻さない限り喉の状態も良くなりませんから、早めに薬を飲んだりして鼻づまりを治していくようにしましょう。

 

鼻づまりが治るまでは口呼吸になってしまうと思いますので、マスクを常に着用すると喉の状態も少しは良くなります。マスクをつけると空気を吸う前に1度フィルターを通すのでホコリや細菌をある程度ブロックできますし、冷たい空気は温められます。自分が吐いた息でマスク内が温められ、喉の乾燥を防ぐこともできるのでマスクはとてもおすすめです。

 

寒い日の外出時や寝る際には必ず装着しておきましょう。

 

副鼻腔炎でも声が枯れます。副鼻腔炎の場合は後鼻漏と言って鼻水が喉に落ちてしまうのが原因で、声帯が荒れて声が枯れてしまいます。蓄膿症の鼻水は細菌が多く住み着いているため、喉に当たるだけで傷ついてしまうんですね。

 

副鼻腔炎を治せば声枯れも徐々に治っていきます。声帯の荒れがひどい場合は少し時間がかかりますが、徐々に治っていくので心配はいりません。

スポンサードリンク