鼻づまり 治らない

スポンサードリンク

治らない鼻づまりに隠された危険な病気

花粉の時期が終わったのに、風邪がやっと治ったのに鼻づまりだけが続いているということはありませんか?他の症状は治ったのになんとなく鼻が詰まってる気がする、まだ鼻水が出るということがあれば注意して下さい。

 

鼻づまりは他の症状に比べて軽く見られがちです。胃の痛みや下痢、頭痛が続くと恐ろしい病気なんじゃ・・・?と思いませんか?でも、鼻づまりが続いているからといって怖い病気を連想することってなかなか無いですよね。

 

そういった甘い判断が病気を重症化させてしまいます。早めに対処すればすぐに治るのに、放っておいたせいで慢性化し、鼻の奥まで炎症が広がって重い病気になってしまうんです。

 

特に、鼻の奥にある副鼻腔というところには膿がたまりやすいです。誰でも聞いたことがあると思いますが、蓄膿症はその鼻の奥の空洞に膿がたまる病気で、副鼻腔の中で炎症が起こり、細菌が繁殖していくのです。

 

副鼻腔炎は風邪や花粉症による炎症が広がって起きるのが一般的ですが、鼻や喉以外の病気で蓄膿症になることもあります。虫歯の菌が歯の奥まで到達し、そのまま鼻に移ってしまうこともあります。目の近くまで炎症が広がると、目がぼやけて見えにくくなるような視覚系の異常が起こることもあります。

 

このように、鼻づまりも重大な病気を知らせるサインなのです。3ヶ月以上続くような長い鼻づまりは副鼻腔炎が慢性化し、慢性副鼻腔炎になっている可能性があります。鼻づまり以外にも顔面の痛みや倦怠感、臭いがわかりづらいなどの症状が出るので、なんとなく当てはまるところがあったらすぐに対処して下さい。

 

副鼻腔炎を放置すると重症化します。放っておいても治らない病気で、放置すればするほど炎症がひどくなっていき、膿を手術で取り出さなければならなくなります。酷くなる前に耳鼻科を受診すれば薬の服用だけで治療できますし、痛みもなく簡単です。

 

なかなか治らない鼻づまりは他の症状と同じように恐ろしい病気が隠れていることがあります。ただ鼻風邪が続いているだけだろうと放置していたら実はとんでもないほど病気が進行していたということもありますから、3ヶ月ぐらい続くようなら1度病院に行ったほうがいいと思います。

スポンサードリンク