赤ちゃん 鼻づまり

スポンサードリンク

赤ちゃんの鼻づまりについて

大人の鼻づまりといえば粘膜の腫れや蓄膿症が考えられますが、赤ちゃんの場合、呼吸がままならないために鼻水が溜まっただけで鼻づまりを起こしてしまいます。そういう時にどうやって対処すればいいのか?について触れていきましょう。

 

まず、鼻づまりのタイプについてですが、赤ちゃんの場合は鼻粘膜の腫れ、鼻水や鼻くそなどが溜まっているのどちらかですので、まずは後者の鼻水や鼻くそが溜まっている可能性を考えてみましょう。

 

赤ちゃんの鼻はとても湿っていて大人に比べて狭いのが特徴なので、少しの鼻水でもすぐに鼻づまりの症状が出ます。鼻水が溜まっていると分かったら、専用の器具を使って吸いだしてあげましょう。赤ちゃんは自分で鼻をかむことができないので、鼻をかむのもお母さんの手が必要です。

 

鼻水の吸引器は色々なタイプのものがありますが、お母さんの負担を考えるなら電動の吸引器がいいと思います。片手でスイッチをオン・オフするだけなので抱っこしながら吸い出すことができますし、洗うのも簡単です。昔は電動の吸引器がなかったので全てお母さんが口で吸うタイプだったのですが、あれって結構たいへんなんですよね。チューブになっているので鼻にセットするのも難しいですし、抱っこしながらは絶対に無理です。

 

ポンプ式のスポイトのような形をした吸引器もありますが、これは吸引力が少ないので鼻水が十分に取れないことがあります。もし、安全に素早く赤ちゃんの鼻水を吸い取ってあげるなら、やはり電動式の吸引器がいいでしょう。

 

ハナキューチャンという耳鼻科医の先生が開発した吸引器があるのですが、これもなかなか人気です。先端がシリコンになっているので粘膜を傷つけませんから、より安全に吸い取りたいならこういった専門医が開発した吸引器もおすすめです。

スポンサードリンク