鼻づまり 耳 聞こえにくい

スポンサードリンク

鼻づまりで耳がふさがったように聞こえにくくなる

風邪や花粉症で鼻がつまると、耳が聞こえにくくなることがあります。鼻づまりは鼻粘膜が腫れている状態なのですが、鼻腔だけでなく耳管と鼻が繋がっている場所も腫れてしまうケースがあります。ここは耳から空気が入ったり出たりする場所なので、ここの通気性が悪くなると耳がモワーっと聞こえにくくなります。

 

このような状態が続くと不快なのでとっとと聞こえやすくなるようにしたいところですが、正しい対処法はいじらず放っておくことです。少しの間様子を見て治らなければ耳鼻科を受診、治ればそのままでOKです。

 

風邪などで引き起こされる耳の異変はほとんどの場合、風邪が治ると同時に改善されていきます。しかし、ここで下手に耳抜きなどをしてしまうと、耳管狭窄症といった耳の病気の原因にもなるので、素人が適当なことをしないほうがいいんです。もし心配だったり、あまりにも不快だったらすぐさま耳鼻科を受診してください。

 

また、風邪が治ったのに聞こえづらいのが続く場合、中耳炎や耳管狭窄症を発症していることが考えられますから、酷くなる前に医師の診察を受けて下さい。悪化すると鼓膜が振動しづらくなり、慢性的な難聴やめまい、耳鳴りなどの症状も現れ始めます。そうなると治療もかなり大掛かりなものになっていきますし、耳が聞こえなくなることもあります。

 

たかが鼻づまりと思うかもしれませんが、鼻がつまることで空気圧が変わり、鼓膜がピンと張った状態になるんです。軽い気持ちで放置すると難聴、最悪の場合で二度と音が聞こえなくなることもありますから、異変を感じたら病院に行くのが一番良い選択です。

 

しかし、ほとんどの場合はそのまま放っておけば大丈夫です。少し様子を見て、あまりにも改善されない場合は他の病気を併発している可能性があるので、注意しましょう。

スポンサードリンク