鼻づまり 耳抜き

スポンサードリンク

鼻づまりと耳抜き

鼻がつまると耳が聞こえづらくなったり、飛行機に乗った時のようなモワーっとした感じがして嫌ですよね。こういう時、耳の違和感を解消する方法として耳抜きがあります。耳抜きとは、鼓膜の内側と外側で違ってしまっている圧力の差を元に戻す方法のことです。

 

耳抜きの代表的な方法は、鼻と口を塞ぎ、耳から空気を出す方法です。これは飛行機などでもよく使う方法で、すぐに解消できるので便利です。力強くやろうとすると目が飛び出そうになるので、ゆっくりやさしく行いましょう。

 

その他にも、あくびをしたり、つばを飲み込むと圧力差を解消することができます。エレベーターで高いところに行った時や飛行機に乗った時、耳が詰まった感じがしたらあくびをすると一発で治ります。

 

耳抜きは基本的に安全なものですが、耳の病気を患っている場合は危険ですのでやめましょう。特に、風邪で鼻が詰まっている場合は注意して下さい。耳抜きをしようとして痛みがある場合や違和感がある場合は行わず、すぐに医師の診察を受けて下さい。

 

風邪の鼻づまりで耳が聞こえにくくなったり、塞がっている感じがするのはよくある症状なのですが、そこで痛みを伴う場合、中耳炎などを発症している恐れがあります。また、耳が聞こえにくくなる耳管狭窄症なども風邪が原因で起こるので、少しでも怪しいと感じたら耳抜きは行わないほうがいいでしょう。

 

このような病気を伴っている場合、耳抜きをしても違和感が解消しなかったり、解消してもすぐに元に戻ってしまうので、そういう場合は無理に耳抜きせず、安静にして耳鼻科を受診してください。また、子供は耳の異変に気づきにくく、ひどく悪化してから親が気付くこともあります。私の兄弟が子供の頃中耳炎になったのですが、かなりひどい状態になるまで気づかず、病院に連れて行ったところすぐに手術になりました。

 

耳の病気は放っておくと難聴だけでなく聴力を失うこともあります。早いうちに受診すれば薬の服用だけで終わりますから、我慢せず違和感を感じたら病院へ行くようにしましょう。

スポンサードリンク