鼻づまり 呼吸

鼻づまりによる口呼吸について

鼻がつまり口呼吸になると、虫歯や口臭などの症状が現れます。口の中が乾燥することによって病原菌が繁殖しやすくなってしまいます。

 

対策法はとにかく加湿することです。

鼻づまり 呼吸記事一覧

鼻づまり 口 乾燥

鼻づまりが起こると口呼吸になるのはあたりまえだと思っていませんか?口呼吸が当たり前になっていたり、口で呼吸していることに違和感を覚えなく鳴っていませんか?口呼吸ってみなさんが思っている以上に体に悪いんです。口で呼吸すると乾燥しますが、この乾燥が続くことで口の中を保護する唾液が分泌されなくなり、免疫力...

≫続きを読む

 

鼻づまり 喉 痛い

鼻づまりで喉が痛くなるのは、単に口呼吸で喉が乾燥している場合と、蓄膿症などの病気が原因の場合が考えられます。まず喉が乾燥している場合についてですが、鼻で呼吸しても鼻が乾燥することってありますか?ないですよね。でも口で呼吸すると口の中や喉が乾燥してしまうんです。これはなぜかというと、鼻毛や粘膜などのフ...

≫続きを読む

 

鼻づまり 口臭

鼻が詰まって口呼吸になると、口臭が酷くなります。口呼吸は口内を乾燥させ、唾液の分泌量を減らし、細菌をそのまま吸い込むので菌の温床になります。また、唾液の質が変化してネバネバになります。ネバっとした唾液は口臭を発生させる原因になります。サラサラな唾液は洗浄作用があり口臭の対策になるのですが、ネバネバは...

≫続きを読む

 

口呼吸 出っ歯

口呼吸をすると顔の骨格が変わり、いわゆる「ブサイク」な顔になってしまいます。特に深刻なのが出っ歯です。口呼吸はただ喉を痛めたり口臭を発生させるだけでなく、出っ歯にしてしまうんですね。口呼吸になると口を開けたままになるので、舌に押されて少しずつ少しずつ歯が前に押されていきます。また、口を閉じると歯が出...

≫続きを読む

 

鼻づまり 歯痛

歯の痛みは虫歯以外の原因でも起こります。例えばストレスや体の疲れが溜まっているときなど、神経に痛みが出ることは少なくありません。また、歯医者に行っても虫歯が無かったり、虫歯の治療をしたばかりなのに痛むこともあります。鼻づまりでも歯痛がでます。鼻づまりのせいで起こることもあれば、鼻づまりの原因となって...

≫続きを読む

 

鼻づまり カラオケ

カラオケで良い点をとったり、歌がうまくなるためには鼻の通りが良くないといけません。鼻づまりで呼吸しづらいと発声に影響するだけでなく、息が続かないので途中で息苦しくなって歌えなくなってしまいます。また、鼻づまりは声の通りにも関係しています。鼻から抜けるような声を出すには、文字通り鼻の通りが良くないとい...

≫続きを読む

 

口呼吸 マウスピース

いびきの防止としてマウスピースを用いる事がありますが、これは口呼吸の矯正に使うことができます。口呼吸は体にとって良いことは1つもないので、マウスピースなどの器具を使って直していきましょう。大前提として1つお話しますが、マウスピース等で口呼吸を鼻呼吸に変えられるのは鼻づまりがない人です。鼻炎などで鼻づ...

≫続きを読む

 

口呼吸 デメリット

口呼吸は万病の元と呼ばれるほど悪いものです。体にとっていい影響は1つもなく、口呼吸であることの意味は全くありません。口呼吸は様々な病気を吸い込んでいるといえるでしょう。鼻呼吸は鼻毛や鼻粘膜で細菌を吸着したり、鼻水で排出しますが、口呼吸は全ての病気のもととなるウイルスやホコリ、ダニなどを吸い込んでしま...

≫続きを読む

 

鼻呼吸 メリット

口呼吸から鼻呼吸によって様々なメリットがあるのですが、どちらかと言えば口呼吸がデメリットしかないので鼻呼吸にしたほうがいいという感じでしょうか。口呼吸によるデメリットのページで詳しく解説しているのですが、免疫病に罹りやすくなったり、アトピーなどのアレルギー症状が出るのでできるだけ早めに改善してくのが...

≫続きを読む

 

口呼吸 呑気症

ストレスによって起こることが多い呑気症ですが、口呼吸が原因で起こることもあります。鼻づまりによって口呼吸になり、それが原因で呑気症を引き起こしてしまうということです。緊張した時に「息を呑む」という言い方をしますが、これは比喩表現ではなく実際にある症状で、空気を呑み込んでしまう病気です。呑気症の症状は...

≫続きを読む

 

口呼吸 ブサイク

口は元々呼吸をするための器官ではありません。そのため、口で呼吸をすると様々な弊害があるのですが、その中でも特に致命的なのが骨格の形成を邪魔してしまうことです。口呼吸をすると歯並びが悪くなり、顎が発達せずだらしない見た目になってしまいます。このような顔のことをアデノイド顔貌というのですが、ブサイクな顔...

≫続きを読む

 

口呼吸 肌荒れ

女性にとって欠かせないのが肌の手入れですよね。最近は男性も化粧水をつけたりしているようですが、やはり肌の状態が気になるのは女性のほうが多いと思います。女性の皆さんは肌荒れを予防するための化粧水や、ニキビやシミを消すためのクリームをつけたりしていますか?少なくても洗顔に気を使ったり、使う化粧品の成分に...

≫続きを読む

 

鼻呼吸 治療

自分の力で口呼吸を治すことができない場合、市販の器具を使ったり、口呼吸防止グッズを使ってみるといいでしょう。最もポピュラーなのは口にテープを貼る方法で、眠っている時に口が開かないようにテープで止めておくのですが、1ヶ月間ぐらい使用し続けることで効果が出てきます。テープの付け方にもコツがあり、唇の両端...

≫続きを読む

 

アデノイド顔貌 治し方 大人

アデノイド顔貌は子供の頃から予防するのはさほど難しくありません。とにかく口を閉じて鼻で呼吸していればいいだけですから、対策法はいくらでもあります。しかし、大人になってからアデノイド顔貌だったことに気付いても治すのは簡単ではありません。大人になってから気付いてもすでに骨格が形成されてしまっており、自然...

≫続きを読む

 

口呼吸 アレルギー

大人の50%、子供の80%が寝ている間口呼吸をしていると言われているのですが、この口呼吸は良いことが一つもありません。口呼吸は様々な病気を引き起こす原因になるのですが、アレルギーもそのうちの一つです。信じがたい話かもしれませんが、口呼吸をするだけでアレルギー体質になってしまうんです。口呼吸をすること...

≫続きを読む

 

口呼吸 唾液

口呼吸をすると口臭が出やすくなりますが、その原因は唾液にあります。口呼吸は唾液の分泌量を減らし、カサカサに乾燥させてしまいますが、それによって口の中で細菌が繁殖して口臭に繋がるんです。間違いやすいのは唾液が臭うということです。実は唾液自体が臭っているのではなく、口の中のニオイ菌が唾液に混ざったせいで...

≫続きを読む

 

鼻呼吸 amazon

口呼吸から鼻呼吸に治すためのグッズを買うならamazonがおすすめです。実際に使った人のレビューが見れますし、種類が豊富なので色々なものから選ぶことができます。併せて使うと効果が高いものをセットでも購入できますし、amazonなら全部一緒に届いて送料が無料なのでいいと思います。薬局のようにポイントは...

≫続きを読む

 

口呼吸 薄毛

口呼吸をすると薄毛になるということで少し話題になっています。腹式呼吸をすると薄毛に効果があるということで薄毛や抜け毛対策として注目され、口呼吸が薄毛を促進させるということで口呼吸をやめようという動きが大きくなっているみたいです。口呼吸で薄毛になってしまう理由呼吸が浅い口呼吸によるストレス血液の流れが...

≫続きを読む

 

鼻呼吸 いびき

鼻呼吸でいびきを改善することができます。いびきの原因は肥満による首の肉の垂れ下がりで気道が確保できなくなったりするのが原因なのですが、口呼吸をやめて鼻呼吸にすればいびきを改善することができます。口呼吸と鼻呼吸では喉の使い方が微妙に異なるため、口呼吸をすると喉が狭くなりいびきをかきやすくなるんです。こ...

≫続きを読む

 

口呼吸 扁桃腺

口呼吸はフィルターを通さないので、吸い込んだウィルスやアレルギー物質が直接喉に当たります。すると、喉の痛みや咳などの症状から始まり、扁桃腺の病気になることが多いです。鼻呼吸によって扁桃腺に傷がついたりウィルスが付着すると、扁桃腺肥大や扁桃腺炎といった病気の危険性が上がります。口で呼吸することにより、...

≫続きを読む

 

口呼吸 虫歯

口呼吸は虫歯のリスクも上昇させます。口の中が乾くことで細菌が繁殖しやすい環境になるので虫歯が進行しやすく、唾液の自浄作用がなくなるので予防すらできなくなってしまうんです。普段から口呼吸をしてしまう人は口の中の状態を確認してみてください。ネバネバしていたり、カサカサで唾液がほとんど出ていない状態ではあ...

≫続きを読む

 

鼻呼吸 練習 子供

子供が口呼吸をしていたら親御さんが率先して鼻呼吸の練習をしてあげてください。口呼吸をするとポカンと口を開けるのでマヌケな見た目になってしまいますし、そのまま放っておくとアデノイド顔貌という口呼吸特有の顔つきになってしまい、子供の悩みの種になってしまいます。練習の前に、鼻炎を持っていたり通年性の花粉症...

≫続きを読む

 

口呼吸 輪郭

普段から口呼吸をしている人は頬がたるみやすかったり、顎が曲がったり歯並びが悪くなる傾向にあります。というのも口呼吸というのは下顎を常に垂らした状態になるため、顎の筋肉や舌の筋肉が人よりも弱く、引き締まらないんですよね。そうなると、今は普通でも数年後に一気に老け顔になったり、顎関節症を発症し顎が曲がっ...

≫続きを読む

 

口呼吸 滑舌

滑舌が悪くて何をしゃべっているか分からないと言われてしまったり、言葉を上手く発音することができずつっかかってしまう場合、舌の筋肉の衰えや舌癖が考えられます。口呼吸を行うと顎の筋肉や頬の筋肉の他に舌の筋肉など顔のあらゆる筋肉が衰え、うまく舌が回らず舌っ足らずな発音に聞こえてしまったり、サ行がうまく言え...

≫続きを読む