鼻づまり 口臭

スポンサードリンク

鼻づまりと口臭

鼻が詰まって口呼吸になると、口臭が酷くなります。口呼吸は口内を乾燥させ、唾液の分泌量を減らし、細菌をそのまま吸い込むので菌の温床になります。また、唾液の質が変化してネバネバになります。

 

ネバっとした唾液は口臭を発生させる原因になります。サラサラな唾液は洗浄作用があり口臭の対策になるのですが、ネバネバは唾液の中の酸素が減っている証拠で、臭いを強くする原因になってしまいます。

 

それだけでなく、舌苔(舌の上の白い垢のようなもの)の量も増えるため、口臭はさらに強くなるばかり。虫歯にもなりやすくなりますから、口内ケアをしっかりしないと本当に「ドブのような臭い」の口臭を放つことになります。

 

また、口呼吸をすると顔の形も変化していきます。出っ歯や歯並びがガタガタになってしまい、歯磨きがうまくできなくなります。するとまたさらに口臭が強くなるんですね。ですから、口呼吸は子供の頃から治して置かなければならないんです。

 

口臭を防ぐには、まず鼻づまりを治しましょう。耳鼻科で内服薬を処方してもらえば早い段階ならすぐに治せます。風邪やアレルギー症状で鼻づまりが起きているならまずはそれらの病気を治すことから始め、鼻づまりが改善しなければ耳鼻科で検査してもらいましょう。

蓄膿症で口臭が起こるケースもある

口呼吸になり、乾燥したために口臭が発生する以外にも、急性副鼻腔炎や慢性副鼻腔炎、いわゆる蓄膿症が原因で口臭が発生していることもあります。

 

特に口の中が乾いているわけでもなく、異変がないのに口臭に悩まされている場合は蓄膿症を疑ったほうがいいかもしれません。

 

副鼻腔炎は鼻の奥の鼻腔に膿がたまってしまう病気ですが、酷くなると膿の臭いが鼻や口から漏れだすようになります。副鼻腔炎が慢性化すると治療に何年も掛かりますし、大掛かりな手術になることもありますから、鼻づまりが長続きする場合や、風邪は治ったのに鼻の中に違和感がある場合は急性副鼻腔炎担っている可能性があるのですぐに検査してもらいましょう。

 

副鼻腔炎は慢性化しなければ治療は案外簡単ですし、すぐに治すことが可能です。病院に行くのが怖いからといって放っておくと重症化し、必要なかった手術まで必要になってしまうのですぐに耳鼻科を受信してください。

スポンサードリンク