鼻づまり 歯痛

スポンサードリンク

鼻づまりと歯痛

歯の痛みは虫歯以外の原因でも起こります。例えばストレスや体の疲れが溜まっているときなど、神経に痛みが出ることは少なくありません。また、歯医者に行っても虫歯が無かったり、虫歯の治療をしたばかりなのに痛むこともあります。

 

鼻づまりでも歯痛がでます。鼻づまりのせいで起こることもあれば、鼻づまりの原因となっている病気の症状の1つに歯痛が挙げられる場合もあります。

 

歯に痛みが出る代表的な鼻の病気といえば副鼻腔炎ですね。副鼻腔炎は、鼻の奥にある副鼻腔というところに膿が溜まってしまう病気ですが、副鼻腔のひとつである上顎洞というところは上の歯に近いところにあるので、歯にも影響します。虫歯じゃないのに歯が傷んだり、物を噛んだら痛みが出る場合は蓄膿症が原因かもしれません。

 

また、逆に虫歯が原因で蓄膿症になることもあります。あまり聞かない例ですが、実はそれほど珍しくないんですね。虫歯が酷くなり神経まで到達し、さらに放っておくと歯の奥から菌が侵入し、副鼻腔にまで影響してしまうんです。こういう場合も歯の痛みの他に、鼻づまりや頬の痛み、眼の奥が痛んだりといった副鼻腔炎特有の症状が現れます。

 

歯痛は副鼻腔炎に多い症状ではありますが、必ず出る症状ではありませんし、副鼻腔炎でなくても歯痛が出ることもあります。風邪もそのうちの1つで、人によっては風邪を引くたびに歯が痛くなることもあります。これは鼻の神経と歯の神経が非常に近い位置にあるため、鼻づまりを起こしたり、風邪の菌が喉に入り込んだりすると炎症が広がって症状が出てしまうんです。

 

鼻の腫れによって神経を圧迫し、歯に影響があることもあるそうですから、そこまで珍しいことではないんですね。とはいえ安心はできませんから、色が変な鼻水が出たり、口臭が酷くなったら急性副鼻腔炎の可能性があるのですぐに病院に行った方がいいでしょう。すぐに治療すれば簡単に治せますが、長引くと手術が必要になってしまいます。

スポンサードリンク