口呼吸 マウスピース

スポンサードリンク

マウスピースで口呼吸を治す

いびきの防止としてマウスピースを用いる事がありますが、これは口呼吸の矯正に使うことができます。口呼吸は体にとって良いことは1つもないので、マウスピースなどの器具を使って直していきましょう。

 

大前提として1つお話しますが、マウスピース等で口呼吸を鼻呼吸に変えられるのは鼻づまりがない人です。鼻炎などで鼻づまりがある場合、マウスピースを使っても鼻づまりが治るわけではありませんから、まずは鼻づまりの原因を調べ、完治させる必要があります。

 

日頃から口呼吸になってしまう人は、口が開いているせいで口で呼吸していることが考えられるので、普段は唇を閉じるように意識します。最初は辛いかもしれませんが、段々慣れてくるので徐々に慣らしていきましょう。

 

そして問題は眠っている時です。眠っているときは自分の意識で口を閉じることができないので、マウスピースを着用して眠ると良いでしょう。マウスピースで固定することで口が開いてしまうのを防ぎ、鼻で呼吸するようにできます。

 

最初はなれないので少し気持ち悪かったり違和感を感じることがありますが、段々慣れていきます。もし、鼻で呼吸するのが少しつらいという場合は、鼻の中に入れる拡張グッズを併用するといいと思います。鼻の通りを良くしながら口を閉じる練習をすることで、より効果的に口呼吸を治せるようになります。

 

おしゃぶりにも同じような効果があります。子供の頃はおしゃぶりをしますが、最近は大人用のおしゃぶりもあり、口呼吸やいびきを治すために使う人が増えています。

スポンサードリンク