口呼吸 デメリット

スポンサードリンク

口呼吸のデメリット

口呼吸は万病の元と呼ばれるほど悪いものです。体にとっていい影響は1つもなく、口呼吸であることの意味は全くありません。

 

口呼吸は様々な病気を吸い込んでいるといえるでしょう。鼻呼吸は鼻毛や鼻粘膜で細菌を吸着したり、鼻水で排出しますが、口呼吸は全ての病気のもととなるウイルスやホコリ、ダニなどを吸い込んでしまうのです。そして、吸い込んだ細菌は全て扁桃腺などに直撃し、病気になっていくのです。

 

鼻呼吸の場合、粘膜に吸着されなくても鼻の奥にある鼻腔はとても細かい毛のような細胞で覆われており、細菌が体内に入るのを防ぎます。イメージとしては水をろ過する感じですね。ですが口呼吸の場合、ろ過する装置が一切ないのでウイルスも何もかも関係なく吸い込んでいきます。

 

すると、ウイルスが原因で炎症や病気が起こるだけでなく、体の免疫力が低下することで糖尿病や白血病などの大きな病気にも罹りやすくなるんです。大げさなように感じるかもしれませんがこれは事実です。空気中をさまよう菌を吸い込み続けることでどんどん体の免疫力は低下していき、風邪やアトピーなどのアレルギー関連の病気から、血液系の病気、ガンなどにも罹りやすくなると言われています。

 

口呼吸をすると喉が痛くなったり乾いたりしますよね。でも鼻呼吸なら痛くなることはありません。冷たい空気を吸っても特に影響ありませんが、冷たい空気を口ですうと肺が痛くなったりします。これも鼻のすごいところで、冷たい空気や乾いた空気を暖かく湿った空気に変えてくれるんです。こうすることで体にとって害がない呼吸ができるんですね。

 

病気だけでなく顔の造形や姿勢にも関わるのが口呼吸の嫌なところです。子供の頃から口呼吸が癖になると、出っ歯になったり顎が歪んだり、猫背になったりします。こういった骨格を形成するのは呼吸法なんですね。口で呼吸すると前かがみになり、猫背になってしまいます。口をポカンと開けるので顎の力が低下し、顎が発達しなくなったりもします。こういった状態をアデノイド顔貌といいます。

 

このように、口呼吸を続けることで体の外部も内部も悪い方向に影響されてしまいます。子供の頃から大人がしっかりと治してあげれば大丈夫ですし、大人になってからでも口呼吸を治せば免疫力は戻っていきますので、頑張って鼻で呼吸できるようにしていきましょう。

スポンサードリンク