口呼吸 呑気症

スポンサードリンク

呑気症と鼻づまり

ストレスによって起こることが多い呑気症ですが、口呼吸が原因で起こることもあります。鼻づまりによって口呼吸になり、それが原因で呑気症を引き起こしてしまうということです。緊張した時に「息を呑む」という言い方をしますが、これは比喩表現ではなく実際にある症状で、空気を呑み込んでしまう病気です。

 

呑気症の症状はゲップやおならの回数が多くなることや、頭痛、お腹が張る、吐き気、胸焼けなど、胃や呼吸器系に関係のあるものが多いです。痛みよりも不快感が多い病気なので、呑気症の症状でストレスが溜まり、気が滅入ってしまう人が多いです。

 

原因はストレスが最も多いのですが、食事の仕方や話し方、呼吸法など、息に関するものが原因になることもあります。その中でも口呼吸は呑気症の原因になることが多く、鼻呼吸に変えることで呑気症が治るケースもあります。

 

呑気症の原因である食事の方法は口呼吸による影響が特に大きいです。通常は食べ物を食べることと呼吸をすることは別々の器官を使いますよね。息を吸うのは鼻で、食べるのは口を使います。しかし、口呼吸だと口で息を吸いながら食事を口に運ぶという動作になるため、通常よりも多くの空気を呑み込んでしまうんです。

 

おそらく口呼吸で生活している人は日頃から感じていると思いますが、食事がしづらいと感じませんか?なんとなく息苦しいというか、飲み込む時に突っかかる感じがしたり、むせたりすることが多いと思います。そういった症状は呑気症を招く原因になるので、できるだけ避けるようにしたほうがいいでしょう。

 

また、口呼吸は顔の骨格を変えたり、姿勢を変化させてしまいます。口呼吸は猫背になりやすいのですが、呑気症の症状を調べてみると、猫背も原因の1つとして挙げられています。呑気症で悩まされている人は、一度本気で口呼吸を治してみてはいかがでしょうか。鼻呼吸が辛いなら鼻づまりを治すところから始めるだけでもかなり症状が軽くなるので、挑戦してみてください。

スポンサードリンク