アデノイド顔貌 治し方 大人

スポンサードリンク

アデノイド顔貌は大人でも治せる?

アデノイド顔貌は子供の頃から予防するのはさほど難しくありません。とにかく口を閉じて鼻で呼吸していればいいだけですから、対策法はいくらでもあります。しかし、大人になってからアデノイド顔貌だったことに気付いても治すのは簡単ではありません。

 

大人になってから気付いてもすでに骨格が形成されてしまっており、自然に治すのはほぼ不可能です。唇がめくれて厚くなっているので口を閉じるのも困難ですし、前歯や上顎が前に出てしまうために口呼吸に適した顔になってしまっているんです。

 

症状が軽い場合や子供の場合は口を閉じていれば自然と歯が元の位置に戻っていき、顎も発達していくのですが、成長が終わっている大人の場合、口を閉じれば現状より悪くなることはないものの、顔の形が正常な形に戻っていくことはありません。

 

とはいえ、1年以上続けて口を閉じるように努力するだけで今まで使っていなかった筋肉を使うので、顔つきが変わっていくことはよくあります。頬の垂れ下がりが改善されたり、肌のハリが戻ったり、肌荒れが改善されるため、口呼吸を改善すれば現状より悪くなることはありません。

 

口呼吸をしてしまう原因は舌の力が弱まっていたり、アデノイド肥大という病気が原因になることもあるので、自力で鼻呼吸が難しい場合は一度耳鼻科を受信したほうがいいでしょう。鼻炎があればまずは鼻炎を改善し、鼻呼吸が楽にできるようにするのが先決です。

 

アデノイド顔貌が重症な場合、整形手術を受けることもありますが、まずは歯列矯正で改善できないかどうか検討してみましょう。骨格が曲がっている場合は難しいですが、歯並びが悪いだけ、出っ歯のせいで唇が突出している場合がありますから、簡単な治療で改善できないかどうかを医師と相談してみるといいと思います。

 

手術で治すのは最後にしておき、まずは簡単にできることからやっていくのがいいと思います。自力で完治するのは難しくても、ある程度までなら改善することができます。

スポンサードリンク