口呼吸 唾液

スポンサードリンク

口呼吸で唾液の量が減る

口呼吸をすると口臭が出やすくなりますが、その原因は唾液にあります。口呼吸は唾液の分泌量を減らし、カサカサに乾燥させてしまいますが、それによって口の中で細菌が繁殖して口臭に繋がるんです。

 

間違いやすいのは唾液が臭うということです。実は唾液自体が臭っているのではなく、口の中のニオイ菌が唾液に混ざったせいで臭くなってしまうんです。本来唾液は無臭ですが、細菌や食べ物の臭いが混ざることで臭います。つまり、唾液が乾いたら臭いという人は口の中が不健康である証拠なんです。一方、口の中が清潔に、健康に保たれている人の唾液は全く臭わないんですね。

 

唾液の働きはこれだけではありません。口の中をぬるっと湿らせておくことで口の中が傷つくのを抑えてくれます。乾燥していると食事の時に歯茎や粘膜が切れてしまい、そこからばい菌が侵入して歯周病や歯槽膿漏、口内炎などになってしまうんです。

 

さらに、口の中を怪我した時の治りにも影響します。唾液がしっかり分泌されていれば傷口を保護したり除菌してくれるのですが、口呼吸で乾燥していると菌の繁殖が抑えられなくなるため、傷口が広がったり化膿して別の病気に繋がっていきます。

 

唾液の自浄作用や保護作用、抗菌作用が失われることで口だけでなく耳や喉、胃や腸など様々な臓器に影響を与えます。体に菌が侵入しやすいのは口ですから、唯一の殺菌方法である唾液を失ってしまうのはとても危険なことなんです。普段はあまり感じませんが、唾液によって色々な病気を抑えることができています。

 

口呼吸をしてしまう人は口呼吸をやめることが望ましいですが、どうしても難しい場合はガムを噛んで唾液の量を増やしたり、マスクで口の中の乾きを防いでいきましょう。

スポンサードリンク