口呼吸 薄毛

スポンサードリンク

口呼吸で薄毛になる

口呼吸をすると薄毛になるということで少し話題になっています。腹式呼吸をすると薄毛に効果があるということで薄毛や抜け毛対策として注目され、口呼吸が薄毛を促進させるということで口呼吸をやめようという動きが大きくなっているみたいです。

 

口呼吸で薄毛になってしまう理由

  • 呼吸が浅い
  • 口呼吸によるストレス
  • 血液の流れが悪くなる
  • 睡眠不足

口呼吸は呼吸が浅くなるので、毛根まで栄養が届かなくなったり、イライラして髪に悪影響なんです。とある調査によると、薄毛や若ハゲなどの髪のトラブルを抱える人ほど口呼吸になっているという結果が出たそうです。シャンプーや育毛剤に気をつける前に、呼吸法を見直そうという動きがあるみたいですね。

 

ストレスは髪の毛に悪いというのは昔からの常識ですよね。鼻が詰まって口呼吸になると集中力が低下してイライラしたり、頭痛が起こったりしますが、これも当然髪の毛には悪影響です。若いうちからハゲてしまう人や、抜け毛が多い人は正しい呼吸ができずストレスが溜まっているケースが非常に多いみたいですから、改善していきたいところです。

 

鼻づまりが起こっている人は血流が悪くなっている証拠です。鼻づまりは血管のうっ血によって起きているので、頭皮に十分な血液が運ばれていないことが考えられます。また、ストレスで交感神経優位になると血管が細くなるため、余計に血液の循環が悪くなります。このような状態が続くことで薄毛が進んでいき、さらにストレスが溜まってハゲてしまうので、最悪の悪循環といえるでしょう。

 

口呼吸で睡眠不足にもなりやすくなります。深い睡眠ができないので、長い時間眠ってもあまり寝た気になれなかったり、十分な休息が取れずストレスに繋がります。

 

このように口呼吸は様々な理由で髪の毛に良くない影響を与えていくので、薄毛対策や抜け毛対策を行うときには呼吸法も取り入れていくといいと思いますよ。

スポンサードリンク