口呼吸 虫歯

スポンサードリンク

口呼吸は虫歯になりやすい

口呼吸は虫歯のリスクも上昇させます。口の中が乾くことで細菌が繁殖しやすい環境になるので虫歯が進行しやすく、唾液の自浄作用がなくなるので予防すらできなくなってしまうんです。

 

普段から口呼吸をしてしまう人は口の中の状態を確認してみてください。ネバネバしていたり、カサカサで唾液がほとんど出ていない状態ではありませんか?

 

こういう場合は要注意です。ネバネバの唾液は細菌が繁殖している証拠ですし、カサカサに乾いている時は唾液の自浄作用が働いていない証拠です。唾液が少なくなると歯垢がとれなくなり、歯磨きでの磨き残しが多くなったり、歯石になってとれなくなったりするのです。また、歯石が増えると歯茎にまで影響が及び、歯槽膿漏や知覚過敏といった歯周病のリスクも上がります。

 

このように口の中の健康状態が悪くなると当然口臭も増えていきます。歯周病が原因になっている口臭は歯を磨いても改善せず、ガムなどでごまかそうと思っても難しいので、治療をしなければなりません。しかし、口呼吸をしているとすぐに再発してしまうので、結局は口呼吸から鼻呼吸に切り替える必要があります。

 

本当ならばすぐにでも鼻呼吸にしたほうがいいのですが、何年も口呼吸をしていた人はすぐに治せないと思いますので、まずはマスクの着用やこまめにうがいをするなどして口の中をケアしたり、唾液量の減少を予防しましょう。

 

マスクは口の乾きを防いでくれますし、こまめにうがいをしたり水分補給をするだけでもかなり違います。唾液の量を増やすためにガムを噛んでもいいでしょう。特にマスクは乾き予防だけでなくウイルスの侵入を防ぐこともできるので一石二鳥です。寝るときは特に口呼吸になりやすいですから、睡眠時はマスクを2重にするとより効果的です。

スポンサードリンク