鼻づまり 漢方

スポンサードリンク

漢方で鼻づまりを解消

鼻づまりには漢方薬を使うという手もあります。漢方は温めて飲む場合もあり、血流も良くなり鼻づまりを解消するのに適しています。鼻づまりに効果があるとされるのは「葛根湯加川きゅう辛夷」という漢方で、鼻水や鼻づまり、蓄膿症などの症状があるときに使うと良いとされています。

 

「小青竜湯」という漢方も鼻づまりに効果があると言われていますが、どちらかと言うと鼻水に効果があります。花粉症でも鼻水タイプ、とにかく水っぽい鼻水が止まらなくて困っている時に飲むといいものなので、鼻づまりとはまた少し違います。

 

漢方の飲み方は、お湯かお水で飲むようにします。特に鼻づまりの場合は血行を良くしたほうがいいので、お湯で飲むのがおすすめです。
注意
注意して欲しいのが漢方は万能薬ではないということです。なぜだかわかりませんが、漢方というと副作用のない、誰が飲んでもいいものと思っている人がいますが、これは大きな間違いです。

 

漢方には副作用があり、人によって相性があります。一般的な内服薬と同じように合う合わないがあるので、飲む前に必ず効果や効能、副作用をチェックしておきましょう。

 

漢方薬を飲んでも症状が良くならない、鼻づまりで苦しいという場合には耳鼻科でお薬をもらいましょう。漢方は効くまでに時間がかかりますし、何回か飲んで始めて効き始めるということもありますから、長期的な治療になることが考えられます。

 

すぐに治したい、なんでもいいからとにかく鼻の通りを良くしたいという場合は、手術も視野に入れて耳鼻科の先生に相談してみましょう。

スポンサードリンク