鼻づまり 赤ちゃん

スポンサードリンク

赤ちゃんの鼻づまりを楽にしてあげる

赤ちゃんも鼻づまりになります。赤ちゃんの鼻づまりはお母さんの助けがなければ楽になれないので、早めに気づいてあげましょう。

 

赤ちゃんの鼻づまりの解消法は大人と同じように、蒸しタオルを使ってあげるのが有効です。お湯で濡らした布巾を鼻の頭に当ててあげるとタラタラーと鼻水が出てくることがあります。また、鼻水は出なくても鼻づまりが解消することもあるので、鼻で呼吸できているかどうか確認してみてください。くれぐれも濡れ布巾を鼻の穴におかないでください。呼吸ができなくて窒息してしまいます。

 

もしこれでも改善しない場合は、母乳を使った鼻づまり解消法も試してみましょう。母乳を赤ちゃんの鼻に1滴だけたらし、鼻の頭を軽くつまむ感じで鼻の中に母乳を通してあげて下さい。すると鼻の通りが良くなります。これは産婦人科の先生もおすすめする方法で、母乳の時期だからこそできる対処法なんです。

 

母乳は血液からできているため、鼻の炎症を抑える成分が含まれているんです。ですから、赤ちゃんの鼻に母乳を入れてあげると鼻づまりが良くなるんですね。

 

その他にも、部屋に加湿器を置いて鼻の乾燥を防いであげたり、お風呂で温めてあげるのも効果的です。赤ちゃんは自分で鼻をかむことができないので、鼻水や鼻くそで鼻づまりになってしまいます。お風呂や加湿器で鼻の中を湿らせてあげると、鼻くそが取りやすくなったり、鼻水が出やすくなります。

 

もし赤ちゃんが鼻水で苦しそうにしていたら、専用の器具で鼻水を吸い取ってあげて下さいね。

スポンサードリンク