慢性鼻炎 市販薬

スポンサードリンク

市販薬で慢性鼻炎を解消したい

慢性鼻炎といえば、通年性の花粉症やアレルギー性鼻炎、蓄膿症(慢性副鼻腔炎)、慢性単純性鼻炎や肥厚性鼻炎などがあります。これらの慢性鼻炎を根本から治すには市販薬は向いていません。

 

まず、通年性の花粉症やアレルギー性鼻炎は病気というよりも体質です。体質をコントロールするには薬の服用ももちろんですが、普段の食生活を変えたり、部屋をこまめに掃除するなどが有効になるため、根本から治すという考え方よりも、アレルギーに強い身体や環境を作るという考え方になるので、市販薬で治すことはできないと思っておいたほうがいいです。

 

アレルギー体質は個人個人でアレルギーになるものが違いますから、病院で検査して何のアレルギーに弱いのか、それらの対策はどうすればいいのかをしっかりと医師に教えてもらいましょう。自分の弱点を知り、自分にあった薬を使うことで効果的に鼻づまり対策ができますし、アレルギーの出やすい時期に備えることができます。

 

次に蓄膿症についてですが、これは市販薬というよりも漢方で治すことができる場合があります。有名なのはチクナインですが、チクナインは漢方薬をベースにして作られており、市販薬の中でも慢性鼻炎に効果があるものです。とはいえしっかりと検査した上で使うものでもないですから、2週間程度使ってみて効果がなければ耳鼻科を受診しましょう。

 

慢性単純性鼻炎は点鼻薬が効く慢性鼻炎で、急性鼻炎を放っておいたせいで常に粘膜が炎症してしまう鼻づまりです。これは市販薬で対処するのが難しく、市販の点鼻薬を使っていると肥厚性鼻炎に悪化してしまうので早めに耳鼻科で診てもらうのがいいでしょう。市販薬は一時的に症状を抑えるだけなので使っていても治りません。耳鼻科で処方される薬なら完治が見込めるので必ず耳鼻科を受診して下さい。

 

最後に肥厚性鼻炎になりますが、肥厚性鼻炎は外科手術がほぼ必須になります。慢性単純性鼻炎のように点鼻薬が効かなくなるのが特徴で、放置していても治りませんし、だからといって薬を飲んでも回復しません。粘膜をレーザーで焼いたり、粘膜を切除して鼻腔を広げる手術が必要になります。

 

全体を通して言えることですが、市販薬はあくまでも一時的に効果を抑えるものです。しかも副作用が強かったり、自分に合っていないものを使っているケースもありますので、できるだけ耳鼻科を受診して症状にあった薬を処方してもらうのが一番良い方法です。

スポンサードリンク