ナザール 危険

スポンサードリンク

ナザールスプレーは危険

佐藤製薬のナザールスプレーには血管収縮剤のナファゾリン塩酸塩が含まれているため、使い過ぎは禁物です。使いすぎるとリバウンドが起こり、鼻づまりが起きる→ナザールを使う→スッキリ!→効果が切れて鼻が詰まってきたぞ→またナザールを使うという感じで常に使い続けるようになってしまいます。これを点鼻薬中毒と呼びます。

 

また、点鼻薬性鼻炎も問題になっていますね。上記の中毒状態が続くと段々点鼻薬の効き目が悪くなってきて、1日に何度も使ってしまう状態です。ほとんどの点鼻薬性鼻炎の患者さんは点鼻薬の使用をやめるだけで治るので、1ヶ月ほど我慢すると鼻づまりが解消できます。

 

市販の点鼻薬が危険だと言われるのはそれだけではありません。使いすぎると粘膜が弱ってしまい、頻繁に鼻血が出たりします。鼻水の質が変化して白い紐のような鼻水が出たり、使う回数が多すぎるとしびれたような感覚や、麻痺するような感覚があるのです。

 

このような状態を続けると薬害性肥厚性鼻炎になります。薬害性肥厚性鼻炎は肥厚性鼻炎が点鼻薬によって引き起こされてしまう病気で、粘膜が常に厚くなってしまい点鼻薬が効かなくなります。

 

肥厚性鼻炎になると手術が必要になるので、点鼻薬を使うのが癖になっている人は何としてでも使用を中止したほうがいいでしょう。点鼻薬の説明書をよく読むと「1日に5回程度の使用で連続で使うのは2週間まで」というような記述があると思います。このように書かれているにもかかわらず1ヶ月以上使い続けている人は点鼻薬性鼻炎になっていると言えます。

 

この状態を続けると非常に危険です。たかが鼻づまり、たかが点鼻薬と思うかもしれませんが、薬を使っていることに変わりはありませんし、中毒になっているのも間違いありませんから、早めに脱出する必要があるでしょう。

 

点鼻薬性鼻炎を抜け出すには他のものを使って鼻づまりを解消しつつ、点鼻薬を絶対に使わないことです。1ヶ月もすれば自然と鼻の通りは戻ってくるので、最初は辛いですが頑張って耐えていきましょう。おすすめはアロマとブリーズライトです。最初は全く効果が無いと思いますが、続けていれば確実に効果が出てくるので頑張りましょう。

スポンサードリンク