鼻水 さらさら

スポンサードリンク

鼻水がさらさらな場合に考えられる病気と対処法

鼻水の状態から病気を特定したり、対処することが可能です。さらさらで無色透明の鼻水は風邪の引き始めや、花粉症やハウスダストなどのアレルギー性鼻炎が考えられます。同時に粘膜が炎症していることが多く、鼻づまりを伴うこともあります。

 

まず風邪についてですが、他に微妙な寒気や頭痛も伴っていたら風邪を引き始めたとみて間違いないでしょう。風邪のウイルスを洗い流すためにサラサラの鼻水を出しているので、治るまで鼻水は止まらないと思います。徐々に喉の痛みや鼻づまりが酷くなるので、サラサラで無色透明の鼻水が止まらなくなったらすぐに病院に行きましょう。

 

花粉やホコリといったアレルギーが原因の場合、鼻づまりと同時に透明の鼻水が出ます。アレルギー性鼻炎はこのような透明の鼻水が長い間で続けます。一時的な花粉が原因の場合、花粉の季節が終わると同時に症状は軽くなりますが、ハウスダストが原因の場合、ホコリやダニの多いところにいると鼻水が止まらなくなるので、できるだけそういった場所は避けるようにしましょう。

 

風邪の引き始めとアレルギーは同じような鼻水が出るのですが、違いがあるとすれば徐々に変化するかどうかといったところですね。風邪の場合は徐々に鼻水の色や粘度が変化していきますが、アレルギーは常に無色透明の鼻水で比較的サラサラです。

 

また、アレルギー性鼻炎の場合は温度にも敏感で、暖かいところや寒い空気を吸っただけで鼻水が出るのも違いの一つです。

 

上記の2つ以外にも、急性副鼻腔炎の初期症状にサラサラの鼻水があります。ですが、色に大きな違いがあり、副鼻腔炎の場合は膿がたまるので黄色くてサラサラした鼻水になります。風邪が治って数日してから黄色いサラっとした鼻水が出ると副鼻腔炎になっている可能性が考えられるので、すぐに医師の診察を受けましょう。放っておくと慢性化し、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)になってしまう危険性があります。

スポンサードリンク